FC2ブログ

暮らしを編み、わたしを編む日々のこと。

ARTICLE PAGE

新しい道具

暮らし
  • comment0
  • trackback-
ステンレス製の水切りカゴを愛用していました。
持ち手がついていて、大ぶりで包容力のある、使いやすい水切りカゴです。

野菜の水切りをしていた時に、なんとなく、違和感を感じました。
しっくりこない、なんとなーくな、感じ。

都内で用事を済ませたある日、通りすがりのお店に籠が美しく山積みになっていました。
なんとなーく立ち寄ってみると、いいかおり。

山積みの竹籠でした。

手のひらサイズのものから、南国の市場で頭の上にのせて果物を運べそうな大きなものまで、
大小さまざまな籠・かご・カゴ…

この小さな籠には、何をのせるのかな?
お店で使うのかな??

中くらいの籠は、タオルとかふきんとか収納するのかな?見せる収納。

5ミリほどの幅の竹で編まれた、綺麗な籠。
あぁ、水切り籠!

うちでの使い道が分かったので、頭にかぶるとちょうど良さそうなサイズと、
それより二回りくらい大きなサイズの籠を購入しました。

竹籠

野菜、しっくり。

こればっかりは、紙バンドの籠にはできない芸当なのでした。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply