FC2ブログ

暮らしを編み、わたしを編む日々のこと。

ARTICLE PAGE

廻る季節に寄せて。

日々、ふと思う。
  • comment0
  • trackback-
日本列島に次々に訪れる台風を見送ったら、秋になっていました。
街路樹の紅葉も美しく、空はすっきりと澄みわたっています。

朝早く家を出る時には、からし色のモヘア毛糸で編んだ
お気に入りのマフラーをフンワリとまいて、ちょうどいいくらい。

毛糸を編むのに、ちょうどいい季節!
横浜の冬は短いので、「コレとアレを編もう!」と決めてせっせと手を動かします。

春と夏と、秋を半分越えた、編みかけの靴下が2足。
つい先日出会ったモチーフ編みが、ひとつ。

お店に並ぶ新色の毛糸たちを横目で見ながら、まずはここから。

今日はお茶を飲みながら、シマシマ柄の靴下を三分の一、編み上げました。
つま先の減らし目と、最後の伏目が好きなところ。

*

*

*
 
今朝、お気に入りのマフラーをまいて、いつもの道を歩きながら思いました。

―こうして廻る季節の変化を眺めるように、人の変化も眺めて生きたいな、と。

近しい人や、親しくしている友人には、その決断や選択に対して無意識に心が揺れることがあります。
でも、どんな歩き方を選んでも、その人自身は変わらない。
そして、私も変わらない。

いっときの関係は変わるかもしれないけれど、また季節が廻れば同じ木の下で出会うかもしれない。

*

今夜は、シマシマ柄の靴下を、どこまで編めるかな。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply